FC2ブログ

プログラム連携している「福山市民病院救命救急センター」の施設見学とご挨拶に行ってきました

今日は、救急科専門研修プログラムで連携している福山市民病院の救命救急センターに施設見学に行ってきました。

センター長をしている宮庄先生は私の恩師であり、広島時代に短い間でしたが大変お世話になりました。

それ以来ずっといろんなところでお世話になりっぱなしです。

すみません。いつも。


さて、この救命センターに、現在、当科の高橋を出していて、すでに10月から研修を開始しています。

ここでは外傷診療を主に勉強して来てくれればと考えています。


見てください。この立地条件。

わかります?


福山市民病院外観と高速道路1


手前の道路は山陽自動車道のインター出口です。

福山市は岡山県と広島県の県境なので、この区間で起きた交通外傷はほとんどが、福山市民病院に救急搬送されてくることになっているのです。

高速道路のインターに接続されている国道も交通量が多く、事故が多発するエリアと言われています。


福山市民病院外観と高速道路2


どうでしょうか。

高速道路のインターのすぐ脇に大病院が建てられているということは、、、私が訪問したときには、

骨盤外傷の患者が来ていて、尿道断裂、腸骨ばっくり、ショック状態、PPPとIVRと創外固定をしていましたし、

ICUに上がればすでに一週間ほど経っている骨盤外傷の救命〜集中治療中の患者が、、、

CPA蘇生後がいたり。

と思っていたら、下肢開放骨折の患者が来て緊急手術になっていたり、、、



さてさて、こちらは救命センター内の様子です。

整理整頓され、いつ重症患者さんが運ばれてきても大丈夫なように、きちんと準備されていました。


福山市民病院救命救急センター内1


全体が広いスペースになっていて、使い方アレンジ可能、とても動きやすそうです。


福山市民病院救命救急センター内2


こちらは救命ICUです。


福山市民病院救命救急センターICU


山形県は交通事故は多くなく、とても良いことなのですが、特に重大事故が少ないので自ずと交通外傷患者は少ないのですが、それでも少ないながら当院にも重症外傷患者は運ばれてきます。


ですので、福山市民病院との連携は臨床経験を積むにはとても重要になってきます。

ぜひこれからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

総アクセス数
プロフィール

ある病院の救急集中治療医たち

Author:ある病院の救急集中治療医たち
山形大学医学部と附属病院で働く救急集中治療医たちのブログです

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
457位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示