FC2ブログ

ボタン電池の誤飲に注意喚起!コイン型リチウムボタン電池が危ない

ボタン電池の誤飲に関しては消化管穿孔の危険があるため、社会問題にもなっており、医師国家試験の問題にも出ている、という記事を前回載せました。
http://eccmyamagata.blog.fc2.com/blog-entry-515.html

そのため可能な限り摘出すべきということになっています。


こちらは、今から4年前の2014年に出された独立行政法人国民生活センターからの注意喚起です。


「ボタン電池を使用した商品に注意」乳幼児の誤飲により化学やけどのおそれも
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20141030_1.pdf

鶏肉を使ってボタン電池による組織損傷を再現しています。


動画はこちら(01:05から)
http://www.kokusen.go.jp/douga/20141030_1_news/n-20141030_1_high.html



それから日本小児外科学会がホームページにリチウムボタン電池の危険について警告を出しています。

こちらにも注目


2018日本小児外科学会からリチウムボタン電池に関する警告


アルカリボタン電池と異なりリチウムボタン電池ではその放電能力により長時間放電し続けるというものです。

それにより組織損傷力の強いアルカリ性の液体が、ボタン電池の周りに生成されて、潰瘍を形成するかもしれないというのです。

なので使い終わったリチウム電池ではこのような危険は少ないようです。

まあ、しかし、子供が飲み込んだボタン電池が、アルカリボタン電池かリチウムボタン電池か、使い切ったものなのかまだ使えるものなのか、なんてはっきり区別はつきません。


もしもボタン電池を飲みこんだかも、あるはずのボタン電池が無くなっている、飲んだかどうかも分からないけどっていう場合も含めて、病院の受診をお願いしたいところです。

レントゲン検査をすれば、飲んだかどうかは一目瞭然ですので。


問題は、

家庭内など乳幼児の居る環境にボタン電池が存在するっていうことでしょう。

これは周囲の大人が細心の注意を払う必要があります。

次に、おかしいと思ったらできるだけ早く病院を受診することです。

実験結果が本当なら、30分同じ場所にリチウムボタン電池が接触していると、上記動画のように潰瘍が形成され、場合によっては穿孔の危険があります。


今回紹介した国民生活センターの実験ですが、生理食塩水に24時間浸した鶏肉が使用されています。

生理食塩液は電解質液なので電気を通しやすい特徴があるのと、生理食塩液のpHを測ったことがある人なら知っていると思うのですが、pHが結構低かったりします。

また、自殺企図や事故でアルカリ製剤を誤飲してしまった患者は、食道粘膜の発赤びらんなどを生じていることが多いのですが、胃の中はそれほどでもない場合もあります。

アルカリ液が胃に入ると、酸性の胃液と混ざり、pHは中和されます。

が、この際に大量の中和熱が発生するため、これにより熱傷が引き起こされる可能性があります。

強酸と強アルカリになればなるほど反応熱は大きくなります。

それから、アルカリ誤飲の患者において小腸病変というのがどうなるのかは、知識もなく、データもおそらく無いので、よく分かりません。


ちょっと話が逸れましたが、時間があれば、次回以降で、この辺の科学的根拠についても調べてみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

総アクセス数
プロフィール

ある病院の救急集中治療医たち

Author:ある病院の救急集中治療医たち
山形大学医学部と附属病院で働く救急集中治療医たちのブログです

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
457位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示