FC2ブログ

【2018年】風疹流行に関する緊急情報(国立感染症研究所)

すでにご存じの方も多いと思いますが、

今年2018年は日本国内は風疹の流行年です。

2018年は12月2日までで2454人と報告されており、

2013年の14334人には及ばないものの、

2012年の2157人を超えて、2008年以降の全数調査において第2位となっています。


国内における風疹患者数の年次推移


国立感染症研究所HPより
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/rubella/181205/rubella181205.pdf
↑詳細はこちらを参照のこと

2012年の発生が“前震”とすると、2013年の大流行が”本震”とも取れます。


十分な抗体を有する人は罹らないので、その後に比較的早く終息するのでしょうか。


グラフからは、この本震後に先天性風疹症候群の発生が増えているのが分かります。



海外での感染者は1%と少なく、ほとんどが国内感染です。

罹患者はあきらかに男性が多く、好発する年代も特定されています。


2018年罹患の風疹における男女別年齢分布


国立感染症研究所HPより
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/rubella/181205/rubella181205.pdf
↑詳細はこちらを参照のこと

それを受けて厚生労働省は以下のような方針を示しました。


「風疹の予防接種無料化へ 39~56歳男性が対象」

風疹の全国的な流行に歯止めをかけるため、厚生労働省は39歳から56歳の男性が来年から3年間、無料で予防接種を受けられるようにする方針を明らかにしました。

根本厚生労働大臣:「風疹患者の増加が2013年のような大規模な流行につながらないよう、風疹に関する追加対策を取りまとめました」


すなわち、予防接種を受けていない年代がターゲットになっているということですね。

抗体検査で免疫が十分でないと判断された人が予防接種無料の対象だということでした。


テレ朝ニュース12月11日


先天性風疹症候群の子供を作らないために日本は早急な対応が必要な状況です。

救急医学会2日目の発表です

今日は、研修医セッションで聡子先生の発表です。

がん患者が増えている日本でも救急受診する担癌患者さんが増えています。

諸問題が発生している現状を調査して、じょうずに発表してくれました。


2018救急医学会横浜聡子先生2



データの後方視的な検索、スライド作成、はじめての全国学会での発表、緊張したと思います!


2018救急医学会横浜聡子先生1


聡子先生、お疲れさまでした。

我々が会場の先生方に伝えたいことを立派に発表してくれました。

質疑応答も堂々と受け答え出来ていました。

すばらしい!将来が楽しみです!

救急医学会の初日の発表です

救急医学会の初日

2018救急医学会横浜坂本先生

朝から会長講演を拝聴し、興奮気味ですが、



夕方からは高田先生のポスター発表でした。

落ち着いてじっくり発表ができましたね。

それから、山形大学が得意としている呼吸生理学についてよく勉強できてます。


2018救急医学会横浜高田先生発表2




坂口先生が発表した症例は、岐阜大学と山形大学のコラボです。

つまり、岐阜の小倉先生と山形の中根のコラボですね、うれしい、すばらしい!

指導してくれた三宅先生、ありがとうございました。


2018救急医学会横浜坂口先生発表2



岐阜大学の救急は以前に専門研修プログラムの連携病院として紹介しました。


プログラム連携している「岐阜大学病院 高度救命救急センター」のサイトビジットに行ってきました1
http://eccmyamagata.blog.fc2.com/blog-entry-507.html

プログラム連携している「岐阜大学病院 高度救命救急センター」のサイトビジットに行ってきました2
http://eccmyamagata.blog.fc2.com/blog-entry-508.html

プログラム連携している「岐阜大学病院 高度救命救急センター」のサイトビジットに行ってきました3
http://eccmyamagata.blog.fc2.com/blog-entry-509.html

専攻医の坂口先生より
http://eccmyamagata.blog.fc2.com/blog-entry-490.html


高度な救急医療の経験が積めるだけでなく、熱心な指導医たちに囲まれて日々成長できる良い環境と思います。



高田先生、坂口先生、発表お疲れさまでした。

坂口先生は2日前のシンポジウムに続き、4日で2回の発表、すごいね。

私は1週間で5回の発表をしたのが自己記録です。上には上がいますので自慢にもなりませんが。


高田先生も今年は起死回生の発表ラッシュですね。

我々も指導の甲斐があります。

次回は、京都の集中治療医学会です。頑張っていきましょう!


日本救急医学会第46回学術集会が始まりました

本日からパシフィコ横浜で第46回日本救急医学会が始まりました。

会長の坂本哲也先生から開会の挨拶後に会長講演がありました。


2018救急医学会横浜坂本先生


「蘇生科学と学んだ35年」というタイトルでの講演でした。

東大救急部のとても古い写真が出てきてびっくりでした。


こちらは、「救急医をめざす君へ」の委員会報告です。

昨年の専攻医がどのようにして救急科専門研修の門を叩いたのか、どうしたら専攻医を増やせるのか、我々は本気で考える必要が有ります。

2018救急医学会横浜タスクフォース報告


救急科のプログラムに入るのに3人に2人は迷いがあったといアンケート調査でした。

救急科医師の良いところは、全身管理ができる、迅速な判断ができる、幅広い知識が得られる、といった反面、

救急医を一生続けられるのかとか、専門性が薄いとか、いう不安を学生時代に持つ方も少なくなく、実際の現実が伝わっていないようなアンケート結果もありました。


私も救急医学会の専攻医募集のタスクフォースとして、

ひとりでも多くの専攻医を養成できるよう努力しないといけないなあと考えています。

救命センターやドクヘリだけが救急ではない!

「日本蘇生学会 in天童」で坂口先生がNIRSのシンポジストを務めました!

11月16日と17日の2日間、天童で日本蘇生学会の第37回大会が開催されました。

川前会長でしたので、我々は学会主催ということで全くの裏方うらかたです、、、

麻酔科ならびに救急科の医局員たちと秘書さんたち、ほんとうにご苦労様でした。

さて、本学会では救急科の坂口健人が脳組織酸素飽和度モニタであるNIRSのシンポジウムにおいて、シンポジストを務めました。

彼はまだ卒後4年目の救急科専攻医で、私の一番弟子のひとりになります。

英才教育を進めてきましたが、卒後4年目でシンポジストに選ばれるという千載一遇のチャンスをつかみました。

私は、彼が研修医の時に高価なモニタリング機器であるNIROを、彼に預けました。

これで色々測定して学会発表しよう、と。

いくつかの題材を見つけて、国内で4回以上、海外で2回の発表をしています。

発表するごとに坂口先生のNIROに対する理解は深まり現在に至っています。

指導している私もとてもやりがいがあります。

心肺停止の患者に対し蘇生中にパルスモードで測定されたデータを解析するのですが、そこに一工夫したそういう内容です。

蘇生学会37回天童シンポジウム


蘇生学会37回天童坂口シンポジウム


蘇生学会37回天童立て看


発表は順調に行われ内容的にもプレゼンテーションも素晴らしかったですし、総合討論でもいい意見を出していました。

たいへん誇りに思います。


来週は19日から21日まで横浜での救急医学会です。

実は、坂口先生はそちらでも症例発表します。

山形大学からは、現在在籍中の1年目研修医である高田聡子先生が、がん拠点病院におけるがん患者の救急医療の現場の状況を、研修医セッションで発表します。

お楽しみに!





総アクセス数
プロフィール

ある病院の救急集中治療医たち

Author:ある病院の救急集中治療医たち
山形大学医学部と附属病院で働く救急集中治療医たちのブログです

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
457位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示